外壁塗装のサイン 劣化症状 静岡県掛川市の外壁塗装の店ハウスペイント掛川店


こんにちは!
ハウスペイント掛川店の藤田です。

今日は外壁の劣化症状についてご紹介いたします。

一般的に前回の塗装から10年を目安に外壁の塗装を行うことが推奨されていますが、必ずしもそれに当てはまるわけではありません。
本日ご紹介する劣化症状は、外壁塗装が必要かどうか見極めるサインにもなります。

ご自宅の外壁塗装をお考えの方はぜひご参考にしていただければ幸いです(^_^)/


外壁塗り替えのサイン


1.色褪せ



紫外線により塗料の成分が分離して変色してしまいます。
ただ、毎日目にしているとなかなか気づきづらい…。
部分的に色の違う箇所があったり、少し遠くからご自宅全体を見ていただくと分かりやすいかもしれません。
また、艶が無くなってきている…と感じたら、それも塗替えを考えた方がよいサインです。



2.汚れ



1年中24時間、日差しはもちろん雨風などから私たちを守ってくれている家。
汚れてしまうのは仕方がない、と思ってしまいがちです。
しかし外壁塗料には「汚れをつきにくくする機能」が備わっています。
汚れが気になってきた時は、塗料の機能が失われてきてしまっているので塗替えを考えるポイントになります。



3.チョーキング現象



外壁を触った際に粉状のものが手に付くことがあります。
紫外線や雨などの影響を受けて塗料の成分が分離、劣化し粉状になって表面に付着してしまうのです。
「チョーキング現象」と呼ばれ、外壁の保護機能が弱まってきているサインです。


4.ひび割れ



「クラック」と呼ばれるひび割れが発生している状態です。
大きな地震や外壁材の膨張・収縮によって起きることが多いそうです。
そのままにしておくと外壁材を傷めたり、雨漏りの原因にもなってしまいます。


5.剥がれ、めくれ



外壁を保護してくれている「塗膜」が劣化により剥がれてしまっている状態です。
保護してくれていたものが剥がれてしまっているということは、守ってくれているものが無くなり、外壁が直接紫外線や雨風の影響を受けている状態ということに…。
更なる劣化につながる前に対処したい症状ですね。


6.サビ



鉄部の表面を保護していた力が弱まり、雨水などが原因で起こってしまうことがあります。
雨樋の固定金具や換気口、ベランダの手すりなどに多く見られます。
また、その鉄部のサビが外壁に付着して汚れの原因となることも。


7.コーキング亀裂



目地と呼ばれる継ぎ目を埋めてくれているゴムのような樹脂がコーキング材です。
こちらも何年も紫外線や雨風の影響を受けていると少しずつ劣化が進んでいってしまいます。
細かい亀裂が入っていたり、収縮してしまって目地に隙間が出来てしまうと外壁のひび割れや雨漏りの原因になることがあります。



いかがでしたでしょうか。
これらの状態がご自宅にみられる時は、外壁塗装を検討された方がよい時期だと思われます。

また、これらの状態のみに限らず、「これ大丈夫かな…?」と不安になることがありましたら、専門の業者さんにご相談されることをおすすめします。

もちろん私たちハウスペイントへも遠慮なくご相談ください♪

「もしかしたら気にしすぎかも」ということでも大丈夫です。お客様とご家族を守る大事なご自宅です!

安心した毎日を過ごしていただくために、精一杯対応させていただきます(^^ゞ

?Gg[???ubN}[N??