etc.

菊川市青葉台アパート 軒天補修作業 静岡県掛川市の外壁塗装の店ハウスペイント掛川店

こんにちは(^^♪
ハウスペイント掛川店の仲田です。

今日は先週に作業が終わりました、菊川市青葉台のアパートの軒天補修についてご紹介いたします。
こちらのアパートでは軒天補修をしてから軒天塗装が行われました。
ご覧ください。

軒天補修前▼





軒天塗装が剥がれ内部にカビが発生しています。
劣化により塗装にヒビが入ってしまい、そこから雨風によって水が侵入し塗装が剥がれてしまいました。

軒天補修前▼



こちらの写真では、軒天にカビや苔が発生しています。
軒天は日が当たらず湿気がこもりやすいので、このようなカビが発生しやすい箇所になります。
カビは細菌なのでこのまま塗装をしてしまうとますますカビが繁殖してしまいます。
ケレン作業で既存の塗装を剥がしてから塗装を行います。
ケレン作業を行うことで、カビの除去や発生を防ぐことができます。

軒天補修後▼





塗装後はとてもきれいになりました。
軒天を見たときに黒い点々があったり、剥がれを見つけたら要注意です!
最近ではゲリラ豪雨など激しい雨の日が多くなっていますので、ますます注意が必要です( `ー´)ノ
末永く快適に暮らしていくためにお家のメンテナンスはこまめに行うことが大事ですね。

菊川市工場洗浄室 完成! 静岡県掛川市の外壁塗装の店ハウスペイント掛川店

こんにちは(^^♪
ハウスペイント掛川店の仲田です。

今日は、菊川市の工場の洗浄室の作業が完成しましたのでご紹介したいと思います。

先週は集塵装置付きグラインダーを使用した作業の様子までご紹介しましたが、
今回は厚膜床塗材を使用した作業の様子です。
ご覧ください。

コテ塗り作業中▼



この床塗材はローラーなどは塗れないので、塗りムラのないように丁寧にコテで塗っていきます。





とてもきれいに仕上がりました!
この床塗材は過酷な用途や条件を要求される工場などに使用され、工場の大切な床を守ります。
特に酸やアルカリに対し、強さを発揮します。
こちらの工場では洗浄の際にアルカリの入ったお水を使用するので、この床塗材を使用しました。

完成!!▼ 



最後に蓋を被せ完成です!

一般的な工場は約4~5年でメンテナンスが必要となりますが、こちらの工場では約10年に一度のメンテナンスを要する床塗材を使用しました。
用途や、目的に合わせた安全な塗膜を選択するといいですね。
安心安全な職場で働くのは気持ちがいいですね(*´▽`*)

菊川市工場 二日目乾燥 三日目塗膜剥離 静岡県掛川市の外壁塗装の店ハウスペイント掛川店

こんにちは(^^♪
ハウスペイント掛川店の仲田です。

今日も晴れましたね。
朝と昼間の気温差が大きいので、体調管理に気をつけましょうね(‘ω’)ノ

さて今日ご紹介するのは、先日もご紹介しました菊川市の工場です。
一日目は掃除と洗浄作業でしたが、二日目は乾燥作業となりました。
ご覧ください!

二日目乾燥作業▼



ブロワーを使い乾燥させていきます。
完全に乾かしてから次の作業に取り掛かりたいので一晩放置します。





次の日になり、完全に乾きましたね。
三日目は下地塗膜剥離作業をします。
塗膜剥離とは、塗装を行う前に塵や錆、以前行った塗装などを落とす作業の事です。

塗膜を剥離するには電動工具を使用するので、粉塵が舞います。
粉塵が入らないように隅々までしっかりと養生を張っていきます。

三日目養生作業▼



養生作業が終わると次は塗膜剥離作業となります。
作業の様子をご覧ください!

下地塗膜剥離作業▼









手作業にて剥離をしたり、電動ケレンや集塵装置付きグラインダーを使い作業をしていきます。
以前の塗装がきれいに剥がれましたね。
この作業を行うことで、滑らかで均一に塗装をすることができます。

次の日の作業は手塗りにて完成させていきます。
またご紹介したいと思います(*‘ω‘ *)

菊川市工場洗浄室内 一日目洗浄掃除 静岡県掛川市の外壁塗装の店ハウスペイント掛川店

こんにちは(^^♪
ハウスペイント掛川店の仲田です。

今日は久しぶりの晴天ですね(*´▽`*)
お出掛け日和、お洗濯日和、お仕事日和ですね。

今日ご紹介するのは、菊川市工場の洗浄室内排水溝作業の一日目、洗浄掃除です。
こちらの工場では、使用したケースなどをアルカリを含む水により洗浄し排水溝へ流し、工場内で循環し再利用しています。
環境汚染につながらないように排水溝のメンテナンスはとても大事です。

洗浄掃除前▼



まずは外から入ってきた土やほこり、枯葉などを掃除していきます。

掃除中▼





機械や棚の下の見えない所のゴミも取り除きます。
そして、次は高圧洗浄にてこびりついた汚れを落としていきます。

高圧洗浄にて洗浄▼









棚の下や排水溝回り、排水溝の蓋、排水溝と高圧洗浄にて汚れを落としていきます。

排出ゴミ▼



結構ゴミが取れました。
この写真はほんの一部です(*´з`)
長年の汚れが見事に落ちましたね。
次に始まる工程からますますきれいに仕上がりますので、またご紹介します。

外壁塗装のサイン 劣化症状 静岡県掛川市の外壁塗装の店ハウスペイント掛川店


こんにちは!
ハウスペイント掛川店の藤田です。

今日は外壁の劣化症状についてご紹介いたします。

一般的に前回の塗装から10年を目安に外壁の塗装を行うことが推奨されていますが、必ずしもそれに当てはまるわけではありません。
本日ご紹介する劣化症状は、外壁塗装が必要かどうか見極めるサインにもなります。

ご自宅の外壁塗装をお考えの方はぜひご参考にしていただければ幸いです(^_^)/


外壁塗り替えのサイン


1.色褪せ



紫外線により塗料の成分が分離して変色してしまいます。
ただ、毎日目にしているとなかなか気づきづらい…。
部分的に色の違う箇所があったり、少し遠くからご自宅全体を見ていただくと分かりやすいかもしれません。
また、艶が無くなってきている…と感じたら、それも塗替えを考えた方がよいサインです。



2.汚れ



1年中24時間、日差しはもちろん雨風などから私たちを守ってくれている家。
汚れてしまうのは仕方がない、と思ってしまいがちです。
しかし外壁塗料には「汚れをつきにくくする機能」が備わっています。
汚れが気になってきた時は、塗料の機能が失われてきてしまっているので塗替えを考えるポイントになります。



3.チョーキング現象



外壁を触った際に粉状のものが手に付くことがあります。
紫外線や雨などの影響を受けて塗料の成分が分離、劣化し粉状になって表面に付着してしまうのです。
「チョーキング現象」と呼ばれ、外壁の保護機能が弱まってきているサインです。


4.ひび割れ



「クラック」と呼ばれるひび割れが発生している状態です。
大きな地震や外壁材の膨張・収縮によって起きることが多いそうです。
そのままにしておくと外壁材を傷めたり、雨漏りの原因にもなってしまいます。


5.剥がれ、めくれ



外壁を保護してくれている「塗膜」が劣化により剥がれてしまっている状態です。
保護してくれていたものが剥がれてしまっているということは、守ってくれているものが無くなり、外壁が直接紫外線や雨風の影響を受けている状態ということに…。
更なる劣化につながる前に対処したい症状ですね。


6.サビ



鉄部の表面を保護していた力が弱まり、雨水などが原因で起こってしまうことがあります。
雨樋の固定金具や換気口、ベランダの手すりなどに多く見られます。
また、その鉄部のサビが外壁に付着して汚れの原因となることも。


7.コーキング亀裂



目地と呼ばれる継ぎ目を埋めてくれているゴムのような樹脂がコーキング材です。
こちらも何年も紫外線や雨風の影響を受けていると少しずつ劣化が進んでいってしまいます。
細かい亀裂が入っていたり、収縮してしまって目地に隙間が出来てしまうと外壁のひび割れや雨漏りの原因になることがあります。



いかがでしたでしょうか。
これらの状態がご自宅にみられる時は、外壁塗装を検討された方がよい時期だと思われます。

また、これらの状態のみに限らず、「これ大丈夫かな…?」と不安になることがありましたら、専門の業者さんにご相談されることをおすすめします。

もちろん私たちハウスペイントへも遠慮なくご相談ください♪

「もしかしたら気にしすぎかも」ということでも大丈夫です。お客様とご家族を守る大事なご自宅です!

安心した毎日を過ごしていただくために、精一杯対応させていただきます(^^ゞ

下塗り塗料のご紹介☆ 静岡県掛川市の外壁塗装の店ハウスペイント掛川店



こんにちは!
ハウスペイント掛川店の藤田です。

昨夜の大雨から一転して、今日は青空が広がっています(^_^)
あんなにすごい雨風の中でも普段通りの生活が出来る…ありがたいことだなあと改めて自分たちを守ってくれている家に感謝しました。


今日は、昨日ご紹介した下塗り塗料についてもう少し詳しくご紹介したいと思います。






足場を設置して、高圧洗浄で汚れを落とし、他の場所に塗料が付かないよう養生をしたら…いよいよ塗装開始!

昨日お伝えしたように、下塗り塗料には後に塗る塗料との密着性を高めてくれたり、素地の傷などを補修してくれる効果があります。
そのためまずは下塗り塗料を塗って、素地の状態を整えていくのです(^^ゞ

下塗り塗料にはいくつか種類がありますので、今日はそれをご紹介していきます。



1.シーラー

上塗り塗料が吸収されるのを防ぎ、密着性も向上させてくれます。
様々な色がありますが、接着力や抗浸透力で選ばれることが多いです。



2.プライマー



昨日ご紹介した下塗り塗料です。
上塗り塗料を定着しやすくしてくれます。
塗布前に素地のサビ除去をしてから塗装します。
サビ防止効果を持つものもあり、昨日ご紹介したものもサビ防止効果があります。



3.フィラー

ヘアークラックと呼ばれる細かい亀裂や軽い凹凸が素地にある時に使用します。
壁面を平滑に補修してくれます。

以前ご紹介した「ミラクファンド」がこの種類です▼





上記の3つが主に使用される下塗り塗料になります。

素地の状態や素材によって、使用する下塗り塗料は変わってきます。
なんだか難しそう…と思ってしまいますよね(゜_゜)
でもご心配なく!

弊社では「下地作り」を大切にしており、専門的な知識を持った職人がしっかりと見極め、対応いたします。
ご安心しておまかせください♪


足場が必要な理由 足場の重要性 静岡県掛川市の外壁塗装の店ハウスペイント掛川店

こんにちは!
ハウスペイント掛川店の藤田です。

本日は「足場」についてほんの少しだけ詳しくご説明したいな…と思います(^^)/





建物の新築や修繕の際に、その周りが鉄パイプで囲われているのを見かけたことがあるかと思います。
それが「足場」です!意外とよく見かけるのでご存じの方も多いかもしれません(^-^)





度々こちらのブログでも「足場架設しました~」と、外壁塗装が始まる際にご紹介しています。
ちなみに、昨日のブログでもご紹介させていただきました☆


この「足場」、実は外壁塗装においてとっても重要な役割を担ってくれています!



【足場の設置が必要な理由】

1.作業効率・品質を向上させる!




もし仮に、足場を設置せずはしご等を使用した場合、塗装を行いたい箇所へ毎回移動させる動作が必要になりとても時間がかかってしまいます。
また、はしごでは届かない箇所があった場合、作業できない箇所が出来てしまいます。
足場を設置して職人さんの作業スペースを確保することで、出来る限り早く・綺麗に仕上げることが出来ます(^O^)
(※ちなみに法律でも2m以上の場所で作業する際は、足場の設置などの安全対策が義務付けられているそうです!)



2.塗料が飛散するのを防ぐ!




塗装中は、どれだけ注意していても塗料が飛散してしまうことがあります。洗浄作業の際は水しぶきが出てしまいます。もちろん多量なわけではありませんが、気になりますよね…。
ですが、足場には「飛散防止ネット」が設置されるのでそれらを防ぐことが出来ます!お客様、近隣の方への配慮を徹底させていただいています(^_^)



3.職人さんの安全を守る!




しっかりとした足場を設置することで職人さんの転落事故を防ぎ、高所でも安全に作業が出来るようにします。
そして足場が安定していることで、作業に集中してもらうことが出来ます。



簡単な説明になってしまいましたが、上記の理由から外壁塗装を行う際には足場は必要不可欠な存在となっています。

塗装が終わった際には解体されて無くなってしまうので、塗材などと比べて仕上がりに直結しにくいイメージがあるかもしれませんが、その塗材を十分に生かすため、そして安心・安全に作業が行われるために無くてはならない存在なんです!(゜_゜)

お客様、近隣の方々には何かとご不便、ご迷惑をおかけすることも多いかと思いますが、ご理解いただけますと幸いですm(__)m


春 飛行機雲 静岡県掛川市の外壁塗装の店ハウスペイント掛川店


こんにちは!
ハウスペイント掛川店の藤田です。

昨日に引き続き今日も暖かくて過ごしやすそうな気配です。
風も穏やかだったので、弊社菊川ハウス工房の外をお掃除していたら…飛行機雲を発見!しかも2本!(*’ω’*)

思わず写真を撮っちゃいました。
飛行機雲を見ることが出来ると、縁起がいいっていうジンクスがあるらしいので、みなさんにもお届けです♪

お客様、お世話になっている方々、従業員のみなさんにいいことが起こりますように…☆

菊川ハウス工房の外壁補修! 静岡県掛川市の外壁塗装の店ハウスペイント掛川店

こんにちは(^^♪
ハウスペイント掛川店の仲田です。

少し前に、菊川市にある菊川ハウス工房の入り口付近の外壁に少しヒビがあるな~
なんて思っていたら、今朝見てびっくり!
かなりのひび割れになっていて、外壁がポロポロと剥がれ落ちてくるまでになってしまいました。

これは大変だと思い、早速直してもらいました。

補修前



補修作業中



補修後



作業はしっかりと乾かす必要があるので、一日半位で完成しました。
ひび割れは無かったかのように元通り!
塗装の色もしっかり同じで問題なし!
これで安心してお仕事に集中できます( *´艸`)
ありがとうございました。

春一番 梅の花 菊川市 静岡県掛川市の外壁塗装の店ハウスペイント掛川店


こんにちは!
ハウスペイント掛川店の藤田です。

最近暖かくなってきたなー♪(^-^)...と春の訪れらしきものを感じていましたが…今日は寒い!!!そして風が強い!!!


ここ東海地方では昨日3月5日に春一番が観測されましたが、どうやら春一番の後は寒さが戻ることが多いようです…。
本格的な春が来るのはまだ先になりそうですね。
もう少し冬を満喫しましょう!(^v^)笑


先日、弊社の近くでは梅の花が咲いていました。




この日も風が強く肌寒い日でしたが、私と同じように写真を撮っている方が何人かいらっしゃって、みなさん笑顔
でとても楽しそうでした。

寒風の中、綺麗に咲いている梅の花に癒しをもらいました(*^ω^*)


私たちも寒さに負けず、お客様に幸せな暮らしをお届けできるよう日々頑張ります!